SOPHIAのこと

SOPHIAへの有り余る愛を垂れ流しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月28日 両国国技館 後編

つづき。



席について、ホッとしたのも束の間。あっという間に愛の讃歌が流れはじめました。

だいたい17:40すぎくらいだったかな?

もうという感じで、流れはじめてからも私はガサゴソと物を片付けたり、靴を脱いだり、傘を畳んだり(今頃?!)していたので、ちょっと乗り遅れました(笑)



本編ネタバレ


アリーナ前方の下手側のステージの脇に出入り口があって、その辺りにスタッフさんも控えてて丸見え(笑)メンバーもそこから登場して、アリーナを軽く煽ってからステージへ。



衣装はあんまり見えなかった。充さんは最初は黒のライダースジャケットみたいのに、白いラインが斜めに角度を変えて何本か横切ってる黒いパンツ、髪は長くも短くもなく。でしたか?(よく見えなかった)

他のメンバーは知らない(笑)それぞれのファンの方にお任せします。



ステージは、何の華やかさもないシンプルな黒い感じでした。



{注意}いつものことながら、記憶が曖昧なので、MCはなんとなくのニュアンスでとらえて下さい。



01 大切なもの

きっとファンもSOPHIAもいろんな思い出がある曲だから、15周年記念ライブの一曲目にふさわしいなぁ、と思った。

グッと来るよね。



なんの仕掛けも無いと思っていたステージがぐんぐん上へ上昇

枡席の最前と同じ高さまで上がっていました。

さらにステージは、前後に2分割できてそれぞれ上下に可動。

枡席の向正面の最前の前と、ステージ手前の一番下にも、ちょっとスペースがあって、4段の階段状になる。で、その高さ(厚み)の部分がLEDのスクリーンになっていて、そこに文字や映像が。

曲ごとに高さを変えて、スクリーンをうまく使っていろんな演出をしてくれました。



02 BANDAGE

全方向客席なので、どこの席からも客席がよく見えたと思うんだけど、この曲のサビでみんな揃ってブンブン手を振っている様がすごくおもしろかったです(笑)

あ?、SOPHIAっていつもこんな光景を見ているのかぁ、と。



03 Early summer rain

久しぶりに銀テープが

テンション上がる?今日の雨の憂鬱を吹き飛ばすかのようで嬉しい



04 -wooz!-

ちょっと久しぶり?

みんなで歌う部分の歌詞が、みんなあやふやだったよねっていうか、間違ってた?

途中で、・・・あれ?違うみたい?クスクス、みたいになってたよ(笑)



<MC>

「みんなそれぞれの人生があるのに、SOPHIAが15周年記念のライブをやるって言ったら、みんなこうして集まってくれて嬉しい」



05 brother&sister

大好き



06 HARD WORKER

「チョー気持ちイイ」久しぶりに聞いたかも。

いつの間にか、充さんのジャケットがHARD仕様に。黒の。あれカッコイイよね。



07 little cloud



08 GOD BLESS

大好きー

聞きたかったからうれしい楽しいけど泣ける。



<MC>

充「15年って言ったら、15歳の子が30歳ですよ」(笑)



そうか、SOPHIAが結成された時、現在30歳の私は15歳だったんですね。そう考えるとすごいなぁ。中3か高1だよ?どんな昔か



充「15年、あっという間だった感じがするけど、決して平坦で真っ直ぐな道じゃなかった。作品を聞くとそう感じます。

もう、決してやめることができない。SOPHIAのこの、なんていうか・・・」

ファン「家族ー?」

充「家族ともちょっと違うかな。新しいジャンルの(笑)・・・もうSOPHIAなんですよ

みんなもだいたいSOPHIA

うまく説明できないけど、好きなアーティストの一人とかじゃなくて、これがSOPHIA。まぁ、好きなアーティストの一人って思ってる人もいるかもしれないけど(笑)

それは、ファンでいる長さは関係なくて、どれだけSOPHIAを感じてきたか。

これから先、解散したり、メンバーの誰かが死んだり、この状態がなくなってしまっても、SOPHIAはなくならない。もう俺たちはSOPHIAをやめられない。

それは、みんながみんな自身をやめたりできないのと一緒。」



この関係をうまく説明しようとしてくれてたんだけど、言いたいことはすっごく分かります。そう、家族とも友達とも違うし、好きなアーティストの一人とも違う、でも他人じゃないし。もう、この関係はSOPHIAという新しいジャンルの関係なんですね

そうだよ、もうみんなSOPHIAなんだよね



09 やめたりできない



10 ALIVE

何ヶ所かに設置された炎の中で。

感動しました。



11 青空の破片



<MC?メンバー紹介?>

まずジル黒。

国技館ネタで。

お相撲さんが使うので楽屋が信じられないくらい広い。広い部屋に畳がコの字形に敷かれていて、一番奥の上座が横綱の場所らしいのですが、そこは松っちゃんが陣取っている。トイレのドアも大きくて、便座も通常の一回りくらい大きいから、おしりの小さな女性は落ちてしまうんじゃないかと。

ジルは相撲をあんまり知らないから、よく分からないとか。楽屋がおばあちゃん家のにおいがするとか(笑)

楽屋は、鬢付け油(びんつけ油)の独特の酸味のあるにおいがするけど、おばあちゃんの家は酸味のあるにおいがするのか?とのことだったんだけど、ジルは畳のにおいがおばあちゃんの家っぽいと言いたかったみたいです。



そしてジルは、久しぶりだから緊張してる、と。

何を言おうか考えようかと思ったんだけど、ここに立ったら思い付くと思って考えてこなかった。でも思い付かない。

久しぶりだからか、黒ちゃんも何となくよそよそしかったそうです。

緊張してるだけだったのか分からないけど、なんとなく元気が無かったような?



それからジルは、打ち合わせの確認事項を聞いていないらしい。

みんなで決めてるのに、決まってから、「どうなった?」って聞いてくるそうです。



都トモ

髪が伸びて、ちょっとパーマをかけた(?)トモくんに、都さんは「キムタク意識した」とか「トモタクって自分で言ってた」とか絡んでました(笑)



トモ君はここのMCで初めて後ろを見たらしい。後ろにいられると緊張するから嫌だって。

そんなトモ君に「いつもは叩いてないけど、今日は叩いてるんやろ?」とまた絡む都さん(笑)



そして、トモ君は15年前のちょうど昨日か今日に東京に出てきたらしいです。

松ちゃんとジルくんとトモ君で。5月27日の誕生日にSOPHIAに誘われて、ちょうど1ヶ月後に東京に出てきたから、15年前の昨日か今日だったと。

そう考えると、トモ君誕生日とSOPHIAの誕生日は一緒なんですね(笑)

その頃のトモ君は、髪が長くて、まゆげをボールペンで書いてた。で、白く塗りたくって髪を立てた写真を自分の部屋に貼っていた、と都さん。



で、SOPHIAで初めてのライブをやったのが、川崎のクラブチッタだったんだけど、その時来た人??と会場に。何人かいましたね。すごーい!

「その時のセットリストが、Eternal FlameとBelieveとSecret lover's nightと・・・なんだっけ?」と言い出したのに忘れているトモ(笑)

そしてSOPHIAが15年も続くと思ってなかったそうです。



ながながと都トモの話が続いた後、松ちゃん登場。

本当は都トモが、いい頃合いで松ちゃんを呼ぶ手はずになっていたのに、スタッフさんが合図しても全然二人は気付かなくて、痺れを切らしていたみたいです(笑)

うん。だいぶ前からスタッフさんがチラチラ合図送ってたよね気付いて?、と私も思っていた(笑)

そして、トモ君の衣装のダメ出し。作業着みたいで、両国国技館の舞台に立つ格好じゃないという充さんに、ドラムが叩きやすい格好じゃないとダメ、と歯向かうも、世の中にはオシャレなドラマーもいるだろうと返されてました。ちなみに、9分丈くらいの中途半端な丈のパンツを履いていました(笑)



全員登場して、SOPHIAは仲良いトークへ。

松ちゃんは、15年と言っても、自分ではそんな変わったつもりないけど、最近ライブ中に足がよく吊るとのこと。今も左足の付け根が吊ってると言って、足伸ばしてました。

最近抵抗力が落ちているという話から、黒ちゃんに絡らんで「見た目、めっちゃ抵抗力ありそうなのに、全然ない」と猫に足を噛まれた話へ。

飼い猫同士の喧嘩を止めようとして、ニャー!って足噛まれて歩けなくなった。今日治ってて良かった。駄目だったら座って、俺とジルで黒ちゃんの周りをグルグルしようと思ってた。とのこと。

黒ちゃんは大変だったらしく、医者に行ったら衝撃的に黒柳徹子に似ている医者から、足を切るか入院するかどっちがいいか聞かれたそう。片足で立ってもケンケンすると振動で痛いし、靴を履けるようになったのが幸せだったそうです。



それからジル。

充プロデュースグッズのパンツポーチのパンツは、ジルからもらったパンツのデザインらしい。

今日も充さんとジルは、お揃いのパンツだと、確認していました。



その後、「もうちょっと付き合って」とまだトークが続くのかーと思っていたら、なんとケーキが登場

SOPHIA15歳のお祝いのケーキです。

そのケーキと一緒に、写真を撮りたいとカメラマンさんも呼んで、客席をバックに四方向で撮影。私のところは遠かったので傍観してました(笑)

そして、ロウソクに火を灯して、みんなでハッピーバースデーを合唱。

2回繰り返したんだけど、1回目はSOPHIAの5人にDear SOPHIA?2回目は会場のみんなを指してDear SOPHIA?

なんで2回も?と思ったらそんな演出だったので、嬉しかったです

そして充さんがロウソクの火を吹き消して、そのまま曲へ。





12 ヒマワリ

全方向からヒマワリが咲き乱れて、きれいだった

客席の照明がちょっと黄味がかっていたのが残念だったな。ヒマワリの色があんまり目立たなかったので。

あと、終わり方がいつもと違った?よね?

すぐにワー、パチパチてなんなくて、一瞬戸惑った間が(笑)



13 黒いブーツ



14 時代?トキ?

サビの黒ちゃんのコーラスが好きです。



15 Kissing blue memories

客席の、”交差してる”の時のワイパーの振りの揃いっぷりがすごかった(笑)



<MC>



16 Baby Smile

間奏のサックスはキーボードでカバーしてました。



17 街-15th Anniversary ver.-

セルフカバーバージョンでしたよ。街なんだけど、今までとちょっと違っててなんか変な感じ(笑)

サビでジル黒がコーラスしてなかったんだけど、そうなったんですかね?残念。



18 エンドロール



<MC>

充「みんな知ってると思うけど、俺はライブでサンキューって言ってます。いつも言ってるけど、これからも言い続けたいと思う。

時々、テンキョーになってたりするけど、それも心がこもってると思って(笑)

自分を支えてくれる人に、心から”ありがとう”が言える人でありたい」



19 Thank you



20 Believe



<MC>

ある宇宙飛行士の方の話。

真っ暗な宇宙の中に浮かぶ青い地球を見た時に、なんて奇麗な星なんだ、と思った。

しかもあれは自分の住む星。

青い海に雲が浮かんで、緑があって、雨が降って、こんな奇跡の星に生まれたのに、なぜ嘆いてばかりいるのか。

地球へ帰ったらもう嘆くことはやめよう、雨を嫌がるのはやめよう、と思った。(今日のこと?!)



21 楽園

上からミラーボールのようなものが降りてきて、回りながらキラキラ光を反射しつつ。

アルバム曲は聞けると思わなかったから嬉しかった。

すっごく泣ける?

ツアーがすごく楽しみになりました。



<最後の挨拶>

黒「感謝の言葉ってバリエーションがすごく少ない。俺の知ってる最高の感謝の言葉。どうもありがとうございました。」

トモ「みんなが目の前にいるから、東京でバンドが続けられる。聞いてくれる人がいなかったら、地元に戻って普通に働いて、土日だけライブハウスでやればいい。

ずっと東京でみんなの前で音楽ができるのは、幸せ。

ありがとー」←全方向に聞こえるように、回りながら(笑)



今後の予定で、セルフカバーのアルバムを今年中に出せそう。

まだ正式に決まってないけど、充さんの中では決まってる。メンバーも初めて聞くかもしれないけど、来年中に『獅子に翼』をやりたい。できるように応援して。

とのことでした



終わったのは、20:50くらい?3時間ちょっとのライブでした。

やー、楽しかったです

セットリストは、あまり感動とか目新しい感じはなかったけど、記念ライブらしくて良かったです

ツアーもますます楽しみになったよ
スポンサーサイト

| LIVE | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://sophia951002.blog119.fc2.com/tb.php/1031-5f590faa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT