SOPHIAのこと

SOPHIAへの有り余る愛を垂れ流しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

楽園 7月12日:仙台市民会館

帰ってきたら、家のヒマワリが咲いていました



そんなわけで、仙台へ行ってきました。

埼玉から車で5時間強

朝の6時頃に家を出て、仙台市内でちょっと迷ったけど、11時半くらいに会場近くの駐車場に到着しましたよ。疲れたけど、意外と行けるもんですね。行くだけでぐったりするかと思ったけど、着いてからライブが始まるギリギリまで市内観光する余裕もありました(笑)



開演15分くらい前に会場へ着いたんだけど、まだ列が出来てて、また遅れている様子でした。

そして、妙に元気のいいお姉さんにチケットをもいでもらい、席へ。事前に座席表で確認してたんだから、そりゃ間違いないんだけど、席に着くまで半信半疑だった1階2列目近いー

でも、黒ちゃん側のステージの端の辺りだったので、去年のJCBの最前と同じような眺めでした(笑)ささやかな希望としては、もうちょっとセンターへ行きたいです。

でも、もうそんな良席、この先5年くらいは来ないでしょう・・・。



ライブは17時開演予定だったんだけど、10分くらい遅れて始まりました。

なんというかね、盛り上がる曲の時はメンバーに間近で煽られ、黒ちゃんがそこで流し目でベースをかき鳴らし、黒ちゃんがそこでガッツポーズをし、黒ちゃんにそこで「もっと来いよ」的なことをされると、興奮して何がなんだかわけわかんなくなるですよ(笑)微笑んだり、はにかんだり、キッとした目をされたり、演奏に没頭する黒ちゃんのイケメンっぷりにキュンキュンしちゃうわけですよ。

まぁ、そんな黒ちゃんのかっこよさにノックアウトされるのものすごく楽しいんだけど(笑)それ以上に、しっとりと聴かせる曲の時がすっごく良かったです。

バラード系だとやっぱり充さんを見ちゃうんですけど、力を込めて一言一言伝わるように大切に歌いながら、時々フッと微笑むのが印象的でした。ファンを見てだったり、メンバーを見てだったり。

すごく幸せそうで、それを見てこっちまで幸せな気持ちになりました。

やっぱりSOPHIAの事が好きで、ずっと信じてきてよかった、これからも一緒にいたいな、ってまるで恋?もはや愛?のような気持ちになったら、なんだか泣けてしょうがなかったです。

すごーく感動したし、自分の気持ちを再確認できたライブでした



終わったのは19:50頃だったかな?

ライブ中すっごく暑くて、真夏の風呂上がりの様に体はホカホカ、汗だくだくで、終わった後は体も髪もベッタベタで気持ち悪かったです

すぐ会場出ちゃったんだけど、せっかくだからアンケート書いてくればよかった。



そして、車でちょっとダラダラしてから、帰ってきました?。途中、福島辺りのSAで仮眠を取りつつ、家には朝の7時半頃に着きました。

疲れたけどとっても楽しくて、行けて良かったです。

また車で行くかどうかと聞かれたら、悩みますが(笑)



以下ネタバレ


01 BANDAGE



02 青い季節



<MC>

・仙台は今日で梅雨明け。明日から雨が降っても、夏の雨。

・曲を出してライブができるのが当たり前だと思ってしまうけど、そうじゃない。いつ終わりが来るかわからないから、今日が最後だと思って。

・大切に大切に伝えるから、受け止めて下さい。



03 what are you looking for?

間奏で充さんが踊っててかっこよかった



04 SUNNY DAY



05 Meybe



06 イカロス



07 forgiven



08 君と揺れていたい

SOPHIAが好きだなぁ、と思って泣けた曲。

”もっと青いあの空を見せてあげたいから”って詩にときめきました。



<MC>

・両国でも言ったけど、15歳の子が30歳。盗んだバイクで走り出していた子が30歳。笑ってるって事はみんな聞いてた世代ってこと。

・気持ちは高校生のままなのに、いつの間にか32歳。高校生の時は30歳なんておっさんだと思ってた。自分が30過ぎるなんて思わなかったのに、もう32歳、・・・笑いたいだけ笑えばいい。

(32歳って言った時に、それまで下向いてベースを練習(?)してた黒ちゃんが「えっ?!」って顔を上げて充さんを見てもの言いたげに笑ってたのがかわいかったです。笑)

・曲は自分達を映す鏡でもあり、宝物。

・過去を未来へ繋げる。セルフカバーは、すごく前向きな気持ちで作ってる。

・過去を振り返るばかりじゃないという意味も込められた曲↓



09 やめたりできない



10 そして優しく



11 eye



<MC?メンバー紹介?>

・今回のツアーは、(静かな)曲の後に喋り出すのがつらい。

・お待ちかねのメンバーMC。オンギター豊田和貴!通称ジル!オンベース黒柳能生!通称酒飲み!



ジル黒

・戸田に続き、ハンドマイクを貰って黒ちゃんの近くで喋るジル。寄り過ぎて「近い!」と黒ちゃんに逃げられる。

・今日何をやるか打ち合わせしている時に、そこ(ステージ脇のスピーカー)から飛び下りる、と言い出したらしいジル。ギターウルフ(だったかな?)がやっていたのを見て、やりたくなった。

・そして、実行(笑)感想は「ギターがないとつまらない」。飛び下りてギターをかき鳴らしたかったみたい。私は目の前だったので、大興奮でした

・ジルの今日の黒ちゃんの発見話。

1・黒ちゃんがご飯を食べていた。一緒に牛たんを食べにいった時に、いつもなら牛たんをペロンペロンて何枚か食べて、ラーメン食べてくると行ってしまうのに、今日は牛たん定食を頼んでいた。しかも、ご飯をおかわり。牛たんもおかわり。つまり二人前食べていた。黒ちゃんがご飯を食べているのを見たのは、合宿以来(何年前?!)

2・いつもは楽屋で寝ている事が多いのに、今日は珍しくみんなとよく喋っていた。そしてよく笑っていた。

ジル「ご飯を食べる黒ちゃん。よく笑う黒ちゃん」

黒「いつもはもうちょっと会話を拾えるんだけど、今日はどう返していいのか分からない。つらくなってきた」

ジル「ちょっと照れてる?」

照れ笑いの黒「この後は、都君とトモ君の楽しトークをおた・・のしみ下さい」←相当つらかったのか、ちょっと言葉を噛んでいた(笑)



都トモ

・都さんは登場するも、トモ君来ず。しばらくして走って登場。楽屋まで階段が長くて遠いらしく、息を切らせていた。

・都さん、家の近くの薬局で燃焼系のサプリを買おうと思って同じようなのをいくつか持って行って「これ何が違うんですか?」って店員さんに聞いたら、「あっ!都さん!」と気付かれて焦った。

・そういう事がよくある。飲みに行った時に、何件もはしごしてもう深夜でベロンベロンに酔ってお会計に行ったら、店員さんに「あっ!都さん!」と言われて、一気に酔いが醒めた。とか

・駅でチラシ配ってる男性に「あっ!都さん!」と。その方は、すごくファンで「今頭の中でyour sideが流れてました」って言われたらしい。長野出身で美容師を目指している人だったらしい。

・トモ君はあんまりそういう経験無い。外に出ないから。

・ジル君はいっぱいいる。



充登場

・キサラギを今日の会場でもやったらしく、それのワンシーンぽい事をやってました。私、見てないのでよく分かんなかったけど。

・両国にキサラギのメンバーが見にきてくれて、ライブの後に「出るとこ出れば、やるんだね」と言われた。

・キサラギに出ていた佐藤智仁くんがイケメンだと言う話から、「トモはイケメンぽい」。「イケメンぽい、って新しいジャンル」



全員で

・黒ちゃん、階段が大嫌い。ここの会場は楽屋までの階段が長くて嫌。

・階段が嫌いってワイルドでいい。充さんはワイルドに憧れているタイプなので、自転車はスタンドは使わない。そーっと下りてバーンって投げ捨てるように。

・ワイルドっぽい行動→魚肉ソーセージは、銀色の金具を切らずに真ん中から食べる。靴下は2ヶ月洗わない。

・ジルもワイルド。昔、部屋の床に布団を敷いていて、遊びにいった時に、そこに座ってたばこを吸っていて、横のテーブルに置かれたカップヌードルカレーの食べ終わったものを灰皿代わりにしていた。こぼしそうだと思いながら見ていたら、本当にこぼした。カレースープとたばこの灰が混じりあったものが布団の上にこぼれて、最悪だと思ってどうするのかと思ったら、布団を持ち上げてそのまま戻した。その時、こいつと一緒にやって行こうと思った。

・トモもここでは言えないけど、ワイルドなこと知ってる。でもここでは絶対言えない。(下の話だったよう/笑)

・「(喋りが)止まらなくなってきた」とトーク終了(笑)

充「トモ、次の曲の読み方は?」

トモ(自信なさげに)「アイディアリスティックストーリー?」

充「idialisticの意味は?」

トモ「また今度答えるわ」

充「次は自分が聞かれるんじゃないかと、他の3人も今ドキドキしてる。みんなもドキドキしてる」

そして意味は教えてくれないまま曲へ。

ちなみに、idealisteicは”理想主義(者)の、理想家の”という意味みたいです。私は事前に調べてたので聞かれても大丈夫でしたよ



12 idealistis story

”自慢できるとこはない”の辺りでまたトモ君を見てましたが、今回は気付いてくれてたみたいです(笑)戸田のときは全然気付かれてなかった。



13 黒いブーツ

これはセルフカバーバージョンじゃなかったんですね。



14 ヒマワリ



<MC>



15 age



16 brother & sister

黒ちゃんがヤバイかっこよさを放っていました。クラクラ?



17 街

黒ちゃんがサビでコーラスをしていました。戸田ではしてなかったのに。でもあった方がいい



18 Believe



<MC>

みんなつらいことがあるのは一緒。平気な顔してる人でも絶対何かある。それはみんな同じ。それでも、笑顔でいたい。つらいことも笑い飛ばしていきたい。苦笑いでも、作り笑いでもいい。それでも笑顔は伝染するものだから。自分が笑うことでメンバーやスタッフや、目の前にいる仲間を笑顔に。

俺たちの笑顔がもっと広まっていくように。



19 Baby Smile

なんかすごい感動しちゃいました。みんなすごくいい笑顔でしたよ。



20 エンドロール



<MC>

ここにいる全員がいつかは死ぬ。一度きりの人生なんだから、笑っていたい。それは楽しい事だけしていたいってことじゃない。全て満たされた人生なんてつまらない。つらいことがあるから次はがんばろうって思えるし、雨が降るから青空が楽しみになる。悲しいこともつらいことも受け止めて、次につなげられるように。



21 楽園

希望に光る星が見えた気がしました。



<最後の挨拶>

・黒「Baby Smile本当にいい曲だね。今のSOPHIAにぴったりなことが歌詞になってる。涙が出そうになって、我慢してたら、鼻水が出てきちゃった」

・ジル「スタッフのプロフェッショナルなワークと、メンバーとオーディエンスの絆、最高。」

・トモ「今回のツアー、3つの事を試している。1つ目は、久しぶりに太鼓を一つ増やした。気付きにくいけど・・・。2つ目は、ブーツを履いてドラムを叩いている。3つ目は、サングラスをずっとかけていようかと思っている。その方が、ミュージシャンぽくない?」

・充「一つ一つ積み重ねてここまできた。けど、積み重ねてきたのがすごいんじゃなくて、みんなが信じてついて来てくれたのがすごい。みんなが横を見ると、SOPHIAはいつも一緒に走っている」
スポンサーサイト

| LIVE | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://sophia951002.blog119.fc2.com/tb.php/1045-640c6b4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT