SOPHIAのこと

SOPHIAへの有り余る愛を垂れ流しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TOUR2013 未来大人宣言 3/10 横浜BLITZ

いつも通り、なんとなくのニュアンスで
 長いので、セットリストだけ見たい方はいちばん下へどうぞー。


初日
あいにく私は午前中が仕事だったので、テキトウに働いてから横浜へ。
ものすごい強風で、日中は暑いくらいだったのに、夜は真冬の気温な予想でという荒天で…
それでも電車が遅れる事もなく16時半頃に会場着。

辺りの様子を見たり、機材車を写真におさめたり。なんかいいですねぇ。このライブ前のみんながヒマワリもってウロウロしてる雰囲気
IMG_0620.jpg

そんな感じでニヤニヤしながらグッズでも買おうと思ったら、
「グッズの販売は一旦終了しまーす!開場後にお願いしまーす」
との声が。
えぇー。まだラインナップを見てもいないのに。
仕方ないので、遠目に見たけど、全然見えなくてしょぼーん

開場が17時だったんだけど、私は今日は2階席なので!
友達と合流して余裕たっぷりで、17時半過ぎまで近くのファミレスでまったりしてました。まるでもう「今日のライブ楽しかったね~」とでも言い出しそうなくつろぎ様で(笑)

そんなまったりまったりで、開演ちょっと前に開場へ。
まったりしすぎたのか、ライブが久しぶりだったからなのか、入場するあたりから私は一人でわたわた(笑)
ドリンク代を出したりしまったり、会員証を出し忘れてたり、グッズ買い忘れそうになったり、チケットを出したりしまったり、てんやわんやで席へ。

席は2階の下手側の最後列(笑)
でも2階席は狭くて勾配も急だったので、たいへん見やすかったです。
上から、1階でひしめく人々を高らかに眺めておりましたよ。やっぱりババアには椅子が必要です…。


そんなこんなしているうちにアナウンスが入り、開演の18時より5分くらい遅れて、電気が消え『愛の讃歌』。

 ネタバレ注意



最初に楽器隊の4人が登場して、一曲目。

01.Kiss the Future

最初に驚いたのが、都さんとトモの位置が逆
下手に黒ちゃんとトモ、上手にジルと都さんという初の立ち位置!
都さんとトモの目当てで見る場所決めてる方はご注意を

曲はKiss the Futureというか、Kiss the Futureをアレンジしたインスト曲。
渋くてすごくカッコよかった

その流れのまま、次。
02.-Can you break a hundred million?-

いきなりアルバム曲
これも渋くてカッコイイー
そして、ここに来ても登場しない充さん。
いつ出てくるんだ?と思いながら見ていると、曲の途中で下手の客席の扉からババーンと登場
そのまま最前とステージの間を歩いて歌いながら煽りつつステージへ。
ギャー
あれさ、上から見てたから出てきたのもウロウロしてるのもわかったけど、そこにいた人たちはギュウ詰めだからなんだかわかんなかったろうね(笑)気付いたらそこに充さんが?!みたいな?


03.嘘
好きー!!
ジルー!

04.F.O.

05.brother&sister

昇天…。

<MC>
「これほど待ちわびたツアーはない。みんなこの日を励みに頑張ってくれたと思うけど、俺たちも同じ」

06.ヒマワリ
07.Early summer rain
08.ゴキゲン鳥
09.ミサイル

4曲メドレーで。
ヒマワリ、Early summer rain、ゴキゲン鳥は1サビまで、ミサイルだけフルでした。
さらにいつも通り「こんなもんじゃないだろ!」って煽ってから、

10.kissing blue memories

はーーー楽しすぎたーカッコよすぎだー
ここまでずっと暴れられる感じの曲で、ライブハウスらしい選曲が最高でした。しかし、体力的には結構キツい(笑)

<MC(メンバー紹介)>
ジル「うれしい!めっちゃうれしい!ここが俺にとってのヘブン」
って、ジルすごく楽しそうだった。
昨日は興奮してたので、ビール飲みながら楽園ツアーのDVDを見てたらしいのですが、感動して泣いたって。わかるわ~。


黒ちゃん「このセットリストは40のおっさんにはキツイ」と。
今のベースを10年くらい使ってるんだけど、前のより軽いんだそうで。でも、これもそろそろ重い、と(笑)
充さんと一緒に客席にも、みんななんで疲れてないの?なんかしてるの?なんでそんなサラッとしてるの?って聞いてました。

鮭の話なども。
充「みんな鮭なんですよ。広い海に出ていろいろな経験をして」
黒「8割くらいが死んじゃう」
(笑)
でも、ん?鮭っていうのは、出戻りのファンの事だけを言ってるのではないのかな?

ファン歴が長い人が多いっていうのも言ってました。
「(会員証の)ブラックカードは何か特典があるんじゃないの?」
「ないーー!!」「ないよー!!」
って総ツッコミされてましたが。
でも、「15年も好きってすごい」って。


都さんは、立ち位置についてとか。
どうやら、音楽的なことを考えてこうしてみたんだとか。
今までは、キーボードをL字型においてたけど、今回は下手向きにあるだけで、正面からは弾いてる姿が丸見えだったんですよ。それが恥ずかしいとか。
「お立ち台みたい」って充さんに言われて、「弾かないで踊ろうかな」って言ってました(笑)

トモは、まずいつも通り充さんに「じゃあ次の曲に行きたいと思います」とスルーされてから。
でもトモ「この感じ久しぶり。ホームに帰ってきた感じがする」と。
そして案の定達人ネタ!
充さんから、大仰に「なんと!あの!無敗の達人を倒し!チャンピオンに輝いた!赤松~~…よしホモ」みたいな紹介。
で、太鼓っぽっくドラムを叩いたりして。『女々しくて』をちょっだけ充さんが歌って、トモがそれっぽく叩いたりしてました(笑)
充「今までじめじめしたところ担当だったけど、19年目にして漸く日の目を浴びられたな。事務所の力でも、レコード会社の力でもなく、自分の力で」とお褒めの言葉も。
でも、充「次、勝てそうなの?」と聞かれると、「わからん」
ツアー中、行く先々のゲーセンで子どもに挑戦という、修行の旅にするように指示されてました。


11.GJ escAPE

12.Yes,attention

この2曲、前もセットでやってたよね。楽しい!

13.ヤングアダルト

ライブでは初だったけど、すごくノリやすいしかっこいいし、でもちょっと切ない感じ。
いいですなぁ。

<MC>
ヤングアダルトについて、「まだみんなの所に届いて間もないのに、自分のものにしてくれてる。伝わってる感じがしてうれしい」

14.W-SOPHIA ver.-

15.cod-E~Eの暗号~

<MC>

話の流れわすれたけど、
「(SOPHIAのことを)どんだけ好きやねん!」
って言ってたのが、なんか…泣けた(笑)

16.サヨナラ 愛しのピーターパンシンドローム

17.rainbow rain

18.月光

19.エンドロール

何故ここでエンドロール…!
(いや、嫌いじゃない、嫌いじゃないんだけどね…)

<MC>
「アルバム、聴きやすかったんじゃないか。意図して軽くしてるわけじゃなくて、みんなの事を考えながら作ってるから。
SOPHIAの事をいちばん愛してくれているみんなだから(聴きやすい)、って言うのもあると思うけど」

「音楽がやりにくい時代になっている。あの頃は良かったと過去だけ振り返っていられたらかっこいいけど、それじゃいけないんじゃないか。自分たちでたぐり寄せないといけないんじゃないか。
SOPHIAがすべてという人、人生の中で時々出会うという人、いろんな人がいると思うけど、みんながここに持って来た悲しみや苦しみを夢に変えられるように、みんなの期待を裏切らないことが、SOPHIAとして活動する意味なんじゃないか。
それがSOPHIAという旗をしょっている俺たちの使命なんじゃないか」
というようなニュアンスのこと。ファンのこと愛し過ぎです(涙)

20.未来大人宣言

アルバムバージョンになってるという事はなかったかな。今まで通り。
PVの楽しそうな映像がチラついて、グッとくるというか。
あぁ、もうライブ終わりかぁ、っていう寂しさというか。
楽しすぎて切ない。

21.happy birthday to you

冒頭はアコギで。
これはダメなヤツ(笑)
未来大人宣言からの繋がりはアルバムと同じだし、やるなら最後だろうと思ってたし、ほぼ予想通りとは言え、泣けてしょうがないヤツ。
歌い方がまたねぇ、優しくてね。

ライブ中ずっとね、本当にファンのこと愛してくれてるし、ファンが本当にSOPHIAのことを大切に想ってることもわかってくれてるし、メンバーも本当にツアーを楽しみにしてたんだな、っていうのがひしひしと伝わってきてたんですよね。
その最後にこれはないでしょ。
ずるいでしょ。
泣くでしょ
私の周りの人はほぼ涙を拭っていたよ。

<最後の挨拶>
立ち位置も順番も変わってました。
下手側から、黒、トモ、充、都、ジルに並んでて、挨拶はジル、都、黒、トモ、充の順番でした。

ジルはいつも通り、最高とか、幸せ、とか。
都「生きる事の重さ感じた。ライブができる事が幸せ、キーボードが弾ける事が幸せ」
黒「3番目やりにくい」そして、鮭の豆知識を披露して「今日のライブは鮭の話がよかった、ってつぶやいて」
トモ「今日でこのツアー最後って人おる?なんとかならんかな?」とか。最後はいつもどおり「ありがとー!」で。
充「みんなが持って来た苦しみや悲しみを、幸せに変える魔法使いになる。それしかできない。無理してまで来るのは、ノーサンキュー。無理のない範囲で会いに来て」


だいたい、2時間半。
思ったより長かったけど、あっという間でした!
特に前半はノリノリのまま突っ走ってるので、気付いたらもう10曲みたいな。
初日独特の慣れない感じもあったかなぁ。でも、それ以上にメンバーもすごく楽しそうで、楽しみにしてたんだな、って言うのが伝わってきて嬉しかったです
ちょっと落ちつきなよ、って思うくらい(笑)
充さん、トークは噛みすぎだったし。Wだったかな?どこかでサラッと流せないくらい思いっきり歌詞も間違えてたし。
ファンももちろん楽しみにしてたから、そんな気持ちが混じり合ってものすごく温かいライブだったように感じます

それに、私たちがSOPHIAのことを、ミュージシャンとファンという関係を超えて特別に大好きだっていうのを、メンバーもよく承知してくれているんだな、って感じました。
で、メンバーもファンのことを心から想ってくれてる。
なんていうか、とても両思い(笑)
私はSOPHIAのことを好きになって、ずっと一緒に過ごせたことに幸せを感じてなりません。これからもよろしくお願いします。


セットリスト
01.Kiss the Future
02.-Can you break a hundred million?-
03.嘘
04.F.O.
05.brother&sister
<MC>
06.ヒマワリ
07.Early summer rain
08.ゴキゲン鳥
09.ミサイル
10.kissing blue memories
<MC(メンバー紹介)>
11.GJ escAPE
12.Yes,attention
13.ヤングアダルト
<MC>
14.W-SOPHIA ver.-
15.cod-E~Eの暗号~
<MC>
16.サヨナラ 愛しのピーターパンシンドローム
17.rainbow rain
18.月光
19.エンドロール
<MC>
20.未来大人宣言
21.happy birthday to you
<最後の挨拶>
スポンサーサイト

| LIVE | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://sophia951002.blog119.fc2.com/tb.php/1382-cb2b8912

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT