SOPHIAのこと

SOPHIAへの有り余る愛を垂れ流しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Holy night from archangel(2013.12/25 Zepp Tokyo)

全然MICHAELを受け入れられませんでした。

ライブそのものはね、エンターテイメントとしてはすばらしかったんだと思います。たぶん。
充さんの歌声、ジルとトモのプレイ、3人のパフォーマンス、さすが20年ライブを中心にやってきたバンドのメンバーたちの圧巻のライブですよ。
サポートでベースのBOHさん。ゲストでピアノの桑原まこさん。
曲は、MICHAELの曲や、SOPHIAの曲をアレンジしたもの、後から知ったけどCASCADEのTAMAさんの提供した曲なんかもあって、まだ曲が少ないのを経験でよくフォローしてたと思います。みんなで盛り上げれそうなかっこいい曲から、しっとり聴かせるバラードもあったし。
演奏も、インストだったり、ピアノと歌だけだったり、全員でだったり、いろんなスタイルに挑戦してて、変化に富んでたかな。

そして、演奏とはうってかわっておもしろおかしいMCコーナー。
こっちでも、クリスマス&MICHAELの誕生を祝ってケーキが出て来たり、おなじみの爆笑メンバー紹介から、充さんのありがたいお話まで。

相変わらずでしたよ。
えぇ、えぇ、なにもダメなとこなんてありませんでしたよ。


でも、やっぱりSOPHIAじゃない。
黒ちゃんと都さんがいない。
下手を見ても違う人がいる、後ろを見てもトモしかいない。
2人の音がしない。
私にはSOPHIAから2人抜けたバンドにしか見えなかった。
ただひたすら悲しくて切なくて虚しかったです。

最悪なのは『愛の讃歌』が流れたこと。
前日の大阪のネタバレを見て知ってたとはいえ、本気で帰ろうかと思った。
SOPHIAじゃないのになぜ?
ありえません。
SOPHIAの復活を願うような事を言ったら逆ギレするのに、ごっちゃにしてんのそちらでは?
ちなみに、私は貧乏性なので最後まで見たけど、友達は途中で帰ったらしい。

そして、MCの言い方から察するにSOPHIAの復活までは遠くて厳しい道のりなんだろう、ということ。
いちばんショックだったのは、「またいつか懐かしいメンバーともできるかもしれない」みたいなことを言ってたこと。
懐かしいメンバー=黒ちゃん、都さん
ですよ?!
「懐かしいメンバー」って!!!
4ヶ月前まで19年間苦楽を共にしてきた二人を懐かしい扱い?!
もう、ショックすぎて寝込みそう…。

休止中のSOPHIAにかわって、みんなのために何かやりたい、って気持ちはとってもありがたいんですけどね。
思ってることがファンとずれてるというか。
言ってくれることが全然嬉しいと思えなかった。

自分たちが休止を決めて、みんなからSOPHIAを奪ってしまった

放っておけない

悲しませたくないから、全く違うメンバーで違うことをやる気にはなれなかった

ジルとトモは気持ちが一緒だった

MICHAEL結成

懐かしいメンバーともいつか

って、ことでしょう?どこに喜べと?
都さんと黒ちゃんが原因でSOPHIAができない、って言外に言ってるようなもんじゃない?!

例えば、ものすごく悲しいけど、ここはキッパリとSOPHIAを解散して、その上でSOPHIAの意志を継いだバンドです!ってするとか。
今のように希望を残しておきたいんだったら、キッパリとSOPHIAとは分けてくれるとか。
それなら、いくらかまだ気持ち的に受け入れられたかなー。
活動休止すら納得できてなくて、それでもそれなりに前を向いていたのに、今の中途半端な状況は傷口をほじくり返されたようで非常にツライ。

でも、たぶんそれは、私が『SOPHIA』が大好きすぎるからなんでしょうね。
あの5人の絶妙なバランスで作り出す、あの素晴らしい空間が。
そして、5人の真ん中で歌う充さんだから好きだったんだと実感しました。
もっと柔軟に受け取れれば、楽しめるのかもです。
自分のSOPHIAへの拘りを捨てれば、MICHAELはMICHAELとして受け入れられるようになるのかも。
それが私には今のところ無理です。
MICHAELメンバーのやることは応援してます。でも付いては行けません。
ごめんね。
SOPHIAの復活を祈りながら、SOPHIAファンを続けます。


以下ネタバレ


いつも通り、なんとなくの雰囲気で感じてください!

この日、私のチケットは、整理番号が2番だったのです
まー、プレミアムじゃないフツーのチケットですけどね。
プレミアムチケットの方はド早朝から並んで、15時からチケット交換だって。かわいそうに。
そして、1500番くらいまで出てたらしい。
全然プレミアム感無いわー(笑)

スタンダードチケットは、プレミアムの方たちの入場が終わってからの入場でした。
入り口も別になってたし、フロアに入る扉も分けられてました。スタンダードの人は後ろ〜。

会場は、ライブハウスなのに、センターに花道が作られてました。
開演前はMICHAELの曲が流れてた。

だいたい時間通りに開演。

ベース→BOHさん
ピアノ→桑原まこさん

愛の讃歌

01.Amazing Grace
ピアノと歌で。
歌詞は充さんがつけたらしいやつ。

花道の先端から登場した充さんは上半身裸?で、フワフワのマフラーみたいのを巻いてて、会場ドン引き!?
確実に「キャー」ではなく、笑いが起こってたよねー
相変わらず。

02.〜インスト〜
たぶんオリジナル?MICHAELの曲かな?
ジル、トモ、BOHさんで。

03.Lucifer(SOPHIA)
着替えた充氏合流(笑)

04.みにくい反逆児(TAMAMIZU)

<MC>
・曲と曲の間の静けさがハンパ無い
・充「はじめまして、ミッシェルです!」→ジル、トモ楽器で応える→充「間違ってる!ミッシェルで鳴らしたら合ってることになっちゃう。はじめましてマイケルです!」→シーン…(笑)
・曲が少ないから、伸ばし伸ばしでやってる

・ここに来るまでみんな迷ったと思う。俺たちも迷った。
・8月12日に活動休止して、みんなの中のSOPHIAを奪ってしまったのに、放ったらかしにできなかった。今年中にケリをつけたかった。

05.かくこそありしか 合縁奇縁(MICHAEL)

<MC>
・漸く今日を迎えられた。MICHAEL作ったのが2ヶ月くらい前で、それから全部やった。SOPHIAが活動中はもちろんバンド作ろうなんて考えても無かったから。
・俺たちもそうだけど、今日ここに集まった人は、何かを始めたい人なんじゃないか。

06.new world satisfaction(MICHAEL)

<MC>
・昨日は曲が始まってもみんな硬い顔してたけど、今日はノってくれてる

クリスマスケーキ登場。
みんなで記念撮影。
それから、クリスマスなので第9を歌おうということになり練習。ラララで(輪唱したり、歌詞(何語?)を覚えさせようとしたり)

07.クリスマスソング(GJescAPE)
『GJescAPE』のアレンジで、クリスマスソングメドレー。その中で練習した第9を歌う。

<MC>
メンバー紹介。

ジル
・ギターに想いを乗せてみんなに届けるだけ。
・充「ジルはいつもこんなだけど、時々真剣な顔をして話しに来る。そんな表情が今回も何度か見れて嬉しかった」
・誰かと共通点を見つけるのって難しいと思うけど、今回は松ちゃんとピタッとくるところがあった。運命。

トモ
・モデルとは付き合えなかった。
・太鼓で、いろんなドラマーの方と共演できて嬉しかった。
・19年で、ピンでテレビ出たの初めて。
・リベンジまでの1年で太鼓の腕は上がったけど、メンタルは弱くなってた。
・(充からの「何考えて叩いてるの?」に)俺、カッコよく映ってるかな?
・「首洗って待っとけ」って言われたら普通は頭に来ると思うけど、言われて嬉しかった。

BOHさん
スキンヘッドで見た目はいかついけど、ノリがよくて楽しい人でした。

08.君の詩(SOPHIA)
スカアレンジで。

<MC>
・桑原まこさんの紹介。
・SOPHIAいい曲多い。SOPHIAの曲を桑原まこさんがオーケストラアレンジにしたCDが出る。

09.farewell(SOPHIA)
オケアレンジされる中の1曲だとか。
ピアノと歌で。

10.be tomorrow(MICHAEL)

<MC>
ありがたいお話的なコーナー。
長引いたため倒れる人続出。「朝から並んでたんだよね、ごめんね」「話が長くなってごめんね」って謝ってたけど、わかってたんかい(笑)

・SOPHIAが突然活動休止することになって、みんなを悲しませたままで放っておくことができなかった。
・だからと言って、全く違う人と、全く違うことをやろうとは思えなかった。
・みんな、音楽のこと、バンドのこと、ビジネスのこと、考える機会があった。
・トモは「何があっても松ちゃんについて行く」って言ってくれた。ジルも「松岡充の隣でギターを弾きたい」って言ってくれた。同じ気持ちだった。
・SOPHIAっていうのは、俺のことじゃない。5人のことでもない。スタッフやオーディエンス、関わる全ての人で作り出す空間のこと。
・みんなの悲しみや苦しみを持って集まって、その悲しみや苦しみを幸せや喜びに変える空間。そこからまた進んでいく。
・続けていれば、BOHさんや桑原さんと出会えたように、たくさんの人と出会って、いつかまた懐かしいメンバーとも一緒にできるかもしれない。

・次の曲、ジルが持って来た曲。
・若くして白血病でなくなってしまった、SOPHIAファンの女の子のこと思い出した。
・東京って都市のことではなく、夢が集まる場所。
・名古屋、大阪、神戸から集まって東京に夢を持ってた。ライブ一つ、曲一つ。全部が夢だった。
・SOPHIAでもいつも言ってたけど、目の前にみんながいるからできる。最後の一人になるまで、歌うこと、バンドを辞められない。

11.東京(MICHAEL)

12.Archangel(MICHAEL)

13.White(松岡充)

14.Amazing Grace
バンドバージョンで。


最後にみんなで花道に出て来て、サンタ袋に入れた飴をばらまいたりして、バンザイ!
ステージに戻って、充、ジル、トモだけでバンザイ。で、一人ずつとハグして終了〜。
2時間ちょっとくらいでした。
スポンサーサイト

| LIVE | 20:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT