SOPHIAのこと

SOPHIAへの有り余る愛を垂れ流しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BANDAGE 5/3 zepp NAGOYA

名古屋です

仙台に続き、名古屋も前後の日はバッチリ仕事だったので、相当疲れました今回は往復高速バス。バスはもう嫌だぁ?

といいつつも、それでもやっぱり行って良かった

楽しかったまぁ、いつもだけど。



ライブ前は時間があったので、熱田神宮と大須に行きました。

前日に俺様の大須サイトを見てたので、たびたび「あっ、ここ黒ちゃんの」と反応しつつウロウロしてきました(笑)独特の雰囲気があって面白いよね。



会場へは、開場時間ちょと前の16時前くらい?に着いたのですが、ロッカーが大混雑していて、空いてないのかとドキドキ。私はギリギリで入れられたけど、いっぱいだったみたいね?。

チケットを譲っていただく事になっていたお友達に聞いた話によると、グッズの先行販売もものすごく混んでいて、全然列が進まなくて、結局途中で打ち切られたそうです・・・

東京も大阪も平日だし、そこに参加できない遠征組が多かったのかな?人がいっぱいで、関西弁も多かったです。

私は、グッズは購入済みだったし、CDまで交換してもらっちゃってたのでらくちんでした。ありがとうございました



トイレに行ったり、並ぶの面倒なので、お話しながらその辺でぶらぶらしてると、開場時間をちょっと過ぎて入場開始。

私は919番だったのでゆっくりと入ったよ?。でもせっかくのライブハウスなのでねできるだけ前へ

仙台はホールがフラットだったのですが、名古屋は後ろに1段、段差がありました。その上はやっぱり人気だったよ。前の方も詰まっていた。

仙台はジル側だったので、今回は黒ちゃん側へ。2個目のブロックの後ろの方だったのかな?まぁまぁ、見通しの良い場所で待機。

後ろにいた方が「今日トモ君が足が痛くて病院に運ばれた」とかいう話をしていたので聞き耳を立ててしまった(笑)ごめんなさい。だって気になるじゃん

大丈夫なのかなぁ?と思いつつ、開演時間をちょっと過ぎてライブ開始。

ライブが始まると人が流れたので波に乗ってセンター付近へ移動(笑)最終的に、充さんと都さんの間辺りまで行けたよ。よしよし

後ろの人には文句言われたけどねー。「うわっ、超真ん中に入られた。見えない」って。じゃあお前が動けよ空いてる場所にいて何が悪い



ライブは、すっごく熱かった

この日は、外も真夏の様に暑かったのですが、ライブも暑かったし熱かった。すっごく楽しかったよ

私は2か所しか行けないので最終日だったのですが、思いっきり燃え尽きられた。大満足でしたよ

最終的に、結構ギュウギュウで、手を挙げたり振ったりするのもキツイくらいになってて、ものすごーく疲れたけど(笑)それ以上に楽しかった。行って良かったです



ライブ後は本当にヘロヘロで、駅まで歩くのもしんど?い、のでちょっと休憩。

グッズの列は、もの凄い事になってました・・・最後の方は、ほとんど売り切れていたらしいですよ。

私は、しばらく休んでから、時間もあるので出待ちでもしようかなぁ、でも面倒くさいなと思いつつ、出待ちしてる方を横目に通り過ぎ、駅方面へダラダラ歩きつつメールしたりしてたんですが、そしたら突然後ろの方から悲鳴が

なになにー

と、踵を返して後ろの方へ向かうと、メンバーらしき人がタクシーの窓を開けて、「ありがとー」って、手を振っているじゃないですか

ゆっくり走ってくれていたので、私も急いで近付いてみると、都さんと充さんでしたラッキー

笑顔で手を振ってくれていたよ私も一緒に思いっきり手を振ってさよならしてきました?。



夜行バスまで時間もあったので、お友達に付き合ってもらって、ご飯食べに。ゆっくり話できて楽しかったです。

ありがとうね?

彼女は愛知っこなのですが、私がスガキヤのラーメンと、きしめんを食べたことがない事に衝撃を受けていた。全国ものじゃないよねぇ

スガキヤなんて、黒ちゃんに聞くまで知らなかったよ(笑)



それからバスで帰ってきました?。疲れたー。



では本編へ。



ネタバレ


<愛の讃歌>



01 -&-

02 little cloud



<MC>

充「今日は暑い。東京を出た時は雨が降っていたのに、名古屋に来たらピーカン(笑)だった。

今回のライブは汗のかき方が尋常ではない。例えて言うなら、何も恐れるものがなかった、中二の部活の後のような」

「GW中で盛り上がってるけど、GWにライブを選んでくれて嬉しい。ゴルフにも行かないでね(笑)今日のライブも盛り上げて行くから」

「スタンディングは久しぶり。今回のツアーと次の神戸もスタンディングだけど、次にやるのは15年後くらい。

押されて元々小さい胸がよけいつぶれてしまうと思うけど…(会場からブーイング/笑)…自分の場所を確保して楽しんで。気分が悪くなったりしたら、俺たちもスタッフも見つけるのはなかなか難しいので、周りの人に助けを求めて下さい。私、実はAカップなんです、と正直に訴えて下さい。…さっきより、Aカップと思われる人からの目がキツクなった…」



03 truth

04 piece

05 brother&sister

06 CIRCUS

07 赤い青春と虫けら

もうなんだか、かっこ良すぎて、あのマントすら愛おしく思えてきたよ(笑)

08 HARD WORKER

「超気持ちいいー

が、今日は大きかったね。



<MC>



じゃんけんで休憩MCの順番決め。

充「黒ちゃん、名古屋ではじゃんけんなんて言うの?」

黒「特にない」

充「個性ないな

で、グーパーピー(チョキのことらしい)で組み合わせ決め。充さんが一抜け。



最初に黒ちゃん&トモ君。

トモがいろいろ喋ってるのに、黒ちゃんの反応がすごくドライでした。トモ君とは組みたくなかったって(笑)

今回はじゃんけんでMCの組み合わせを決めているけど、黒ちゃんはまだ都さんとだけ組んでいないそうです。トモ君は松ちゃんとだけ組んでないって。

トモ「前回の仙台はジル君とで、限りなく楽屋トークに近い話をした」

黒「中身の無いね。いつも楽屋でも二人でワーって、みんなに聞こえるように話してる」

トモ「みんなにこんな話をしてるって、聞いてもらいたい」

黒「別に聞きたくない。中身のない話を好き勝手に。二人で話す意味ない」

そっから、全員がMCで喋る必要はないんじゃないかという。しかも前に出てきてまで(笑)



トモ「俺、今回のセットリストすごく好き。いつもが好きじゃないわけじゃないけど」

黒「トモはいつもセットリストに文句言う」

あとなんだか流れで、『鈴蘭』の話題を出してました(笑)反応が薄い会場に、「え?鈴蘭知らん」と焦るトモ。反応が返ってくると「びっくりした?、もう消えた曲なんかと思ったわ」。

黒「ほとんどの人の記憶の中からは消えてるけどな」

ヒドイ(笑)



それから名古屋ネタ。

トモ「黒ちゃん地元だけど」

黒「地元だけど、名古屋には5年くらいしか住んでないからね」

トモ「実家はどこなん?」

黒「知立市」

トモ「知立市ってどこだっけ?」

黒「名古屋のとなりのとなり」

トモ「びっくりしたー、いま『となりのトトロ』って言うんかと思ったわ。黒ちゃんめっちゃ腕上げたな、ってドキドキしたわ。とうとうこっち側に来たのかと」

黒「絶対行かん」

トモ「今日家族とか来てないん?黒ちゃんの身内の方ー?」と会場に呼びかけるが、誰も反応せず。「誰も来てないん?」

黒「知らん。自分で呼んだことない。面倒くさいから」

トモ「授業参観みたいなもんやん。「やっぱりうちの能生が一番かっこいいわぁ?」って、そういうの無いん?」

黒「それお前ん家だろ」

トモ「(笑)神戸では絶対家族の話題触れないで」



それからラーメンの話。黒ちゃんは昨日名古屋に来て、味噌煮込みうどんを食べて、ラーメンを食べて、友達と飲みいに行って、今朝ラーメンを食べたらしいです。

ラーメンの話から『すがきや』の話題に。

黒「すがきやのラーメンて今いくらなの?」

会場「「280円?」」

黒「280円もすんの高ッ!俺がガキの頃は130円だったよ。でも当時からソフトクリームは100円だった」

トモ「すがきやって何味なん?」

黒「豚骨の味が全くしない、とんこつしょうゆラーメン。限りなく化学調味料の味」

そうなんだ?



トモ君に、会場から「足大丈夫??」と声が上がると、「大丈夫」となんだか触れられたくない様子でした。

黒ちゃんは、元気がなかったように見えたんだけど・・・?曲中はすっごい笑顔が炸裂していたし、トモ君とのMCがそんなに嫌だったのかな?(笑)





それからジル&都。

まずは投げキッス

ジル君とMCをする方はもれなく投げキッスしなければならないんですね

その後は勢い任せのコール&レスポンス。

「イエーイ

会場「「イエーイ」」

「楽しんでるかー

会場「「イエーイ」」

「名古屋ー

会場「「イエーイ」」

都「いや?ん

会場「「いや?ん」」

都「いいねぇ?」ニヤリ



それからジル曰く『おもしろ事件』の話題へ。

トモ君の事らしいのですが、ステージ上から

都「トモ、言ってもいいよなぁ?…いいって」(自己解決)

今朝、東京から新幹線で名古屋に来る時に、都さんが先に来ていて、ジル君が「チーッス」って感じで来て、トモを待っていた。でも発車ギリギリになっても来なくて心配していたら、おじいちゃんみたいに足を引きずった人がこっちに向かってきた。

「トモどうしたん?」って聞いたら、「この辺に」と言って、ジルが都さんのお尻を触る。都さんもジルのお尻を触る。そしてお互いお尻を触ったまま後ろを向いて「この辺になぁ?」「な?」

そんな感じでハッキリしないで、ジル都がイチャイチャしていると、充さんがガツガツと登場。

「二人がハッキリ言わないから、俺が言うで。お尻におできができたんですよ

それから、トモ君は病院に行ったそうなのですが、メンバーは「椅子にも座れないのに、ドラムが叩ける分けないし、どうする?」って相談していたらしいのです。「ドラム無しで、アコースティックにする?」「何とかなるかな?」「なんとかなるだろ」「それもレアでいいかも」という結論に達したようです。「それなのに、直ったって戻ってきて、良かったんだか悪かったんだか」と。トモ・・・かんばれ(笑)



でも、ドラムだからずっと座ってって、それで仕方ないんだって。職業病みたいなもんだってフォロー入れてました。

それから充ジル都の3人で職業病トーク。

ジルは「特にない」無いの

都は「首が痛い」そっちかい(笑)

あと深爪もだそうです。爪が伸びていると、黒鍵と白鍵の間に爪が挟まって抜けなくなって痛いんだって。

充さんは職業病じゃないんだけど、足を痛くした事があると。ライブで歌ってる時に、ステージの前に出て行ってモニターがあるのに気付かずに、思いっきりすねをぶつけた事があるらしい。

それと、先日のさく-a!で足を捻って痛いとか。浜辺でみんなで綱引きの後?、サッカーをしている時にボールを蹴ろうとして足を逆側にグギッと捻ったんだって。ものすごく痛いけど、名誉の負傷とかじゃないから誰にも言えなくて、結局、筋が切れていたらしいです。

ジルの証言では「顔色が悪くなって、急にテンションが落ちてた」と。



トモ君はトモ君で、病院で看護士さんにパンツを下ろされて、押さえつけられて、痛い麻酔の注射を打たれ、大変だったようです。



それと、充さんがしきりに坂東英二の真似をしていました。最高に似てない

ふしぎ発見に出た時に「松岡君は正解できるわけない」って何回も言われてムカついた。次出たらクリスタルヒトシ君を取って、ライブの時にここ(ドリンクとか置いてる所)に置くって。

でも、黒柳徹子さんはそんな充さんを庇ってくれて、とっても優しかったそうです。黒柳さんの真似もしていた。こっちの方が似てたなぁ(笑)

黒ちゃんに無かって、「俺、黒柳って名字好き。嫌いなのは、坂東と赤松」

トモ「なんでやねん



そんなこんなのトモ君に、充「そんなトモはアウトかセーフか俺が「トモ」って言ったらみんなで」

充「トモ

会場「「アウトー」」



09 アウト

10 蜘蛛と蝙蝠

11 零と宇宙

12 モラトリアム人間

13 GOD BLESS



<MC>

充「GOD BLESSの歌詞を間違えたのを教えてくれてありがとう。そこの真ん中の彼の口を見てて「あれ、違う」って気付いた」



14 kissing blue memories

15 エンドロール

16 街



<MC>

「俺たちはすごく幸せなバンドだと思う。他の人たちはどうなのか、自分達の事しか分からないけど、人との出会いに恵まれたから。

俺たちもみんなと同じで、仕事でもプライベートでも辛いことはあります。

でも、こうしてライブでみんなから元気を貰える。

そう思える出会いが出来たことを、恵まれていると思える。

そのみんなから貰ったものを、曲にして、音を紡いで、歌詞を乗せて、ライブで返したい。今年は、そんな年にしたい。

みんなも、俺たちと同じように思ってくれたら嬉しいです。

BANDAGEは直訳すると包帯、今も手に巻いているけど・・・。俺たちはみんなの傷を直接直してあげることはできない、救ってあげることはできないけど、それ以上広がって化膿したり、おかしな傷にならないようにする事はできる。

曲を聴いたり、ライブでこうして絶対に届かないのに一生懸命手を伸ばして、SOPHIAを必要としてくれるなら、

俺たちがみんなの包帯になる。



と言うような、だいたいのニュアンスでお願いします

メンバーとファンは同じ気持ちだと思うな。ファンのみんながどれだけSOPHIAに元気と笑顔を貰ってるか、知ってるよねもう十分すぎるほど返してもらってるのに。幸せ

ファンのことをそういう風に思ってくれてるSOPHIAを好きで良かった。



17 BANDAGE

MCからの感動で、最初のギターとピアノがすごく泣かせるよね。

そして間奏が切なくて好き。



<MC>



最後の挨拶。

黒「男の子が多くて嬉しい。俺も音楽が好きでライブハウスとか行ってて、好きが高じてプロになっちゃったんだけど。音楽の仕事している人をたくさん見てるけど、中にはそんなに音楽が好きじゃない奴もいる。

ここはそうじゃなくて嬉しい」



トモ「人生には、とてもツライ日がある。それが今日でした。でもみんなと病院の先生のおかげで、

直りました、ありがとー



充「SOPHAはアンコールをしないバンドなんですけど・・・・」って言ってるそばからアンコール。

やる気満々のメンバー(笑)充さんは袖に駆けて行って、メンバーは演奏の準備。

黒「俺たち、本当に何の曲やるか知らないからね」

戻ってきた充さんはトモ以外のメンバーに耳打ち。トモ君だけ何も知らされない(笑)

充「ドラムのカウントで、次にシンバルから始まる曲だから」

トモ「そんな曲、いっぱいあるやん本当に大丈夫松ちゃん、なんも持ってない?」

と不安がるトモ君に

充「行くで



「ゴキゲン鳥ー

18 ゴキゲン鳥

黒ちゃんの笑顔がヤバかったです



「「もう一回、もう一回」」の会場のコールにもう一曲。

上手の奥を指して、「今度は、あっちから始まる曲な」

トモ「なにー



19 Believe

思いっきり、「溢れる この想いすべて」って叫んできた。



いや?、熱かった?ファンの声もすっごく大きくて、すっごく盛り上がってたんじゃないかなぁ?

最高に楽しかったです
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://sophia951002.blog119.fc2.com/tb.php/846-775bdd09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。